切手収集のために揃えておきたいグッズとは?

まず必要な最低限の初級グッズ


切手収集で最低限必要なグッズは、切手用ピンセットとストックブックです。切手をシート単位で集める場合は、それを収納する切手シートファイルが必要になります。保存するだけなら、これだけで大丈夫です。なお、切手用ピンセットは、普通のピンセットと構造が少し違っていて、切手を傷めることにないよう、挟む部分にギザギザのないフラットな構造になっていますので、普通のピンセットで代用することができません。
これ以外にも、切手の基礎情報を得るために切手カタログが必要ですし、鑑賞するためにはルーペが必要になります。他にも、初日カバー専用の収納用品や葉書専用の収納用品などがあり、特殊な形状の物を集める場合、それに適した収納用品を用意することになります。

専門的な収集に必要な高級グッズ


切手収集が高級レベルになってくると、ストックブックは使うものの、ストックブックは一時的収納道具になり、最終的に切手アルバムに整理して収納するようになります。切手アルバムは、ルーズリーフ形式のバインダーになっていて、これに厚紙でできたリーフに切手を貼り付けて、アルバムに綴じ込みます。リーフには、説明文を書き込んだりもします。
アルバムのリーフに切手を貼り付ける材料は、ヒンジまたはマウントです。ヒンジとは蝶番のことであり、マウントとは台座のことですが、切手専用の特殊なものです。ヒンジは、半透明の薄手の紙に剥がれやすい糊を片面に塗って、その糊面を外側にして折り、蝶番の形にしたものです。リーフに貼る時は水で湿らせて貼り付けますので、使用済み切手にしか使いません。未使用切手をリーフに貼る時は、マウントを使います。マウントは、プラスチック・フィルムでできていて、切手をフィルムで挟み込む形にして貼り付けますので、切手が傷みません。